Toshiyuki Kikuta HOMEPAGE

(菊田 俊幸 の ホームページ)



所属: 福岡工業大学 情報工学部 情報システム工学科 

Tel: 092-606-4989

E-mail (1): kikuta♣fit.ac.jp (♣=@)

E-mail (2): kikuta84♣gmail.com (♣=@)

button_e_01.gif(550 byte) 生年月日 button_e_01.gif(550 byte)

    1981年(昭和56年)2月18日

button_e_01.gif(550 byte) 学歴 button_e_01.gif(550 byte)

    1996年3月 静岡県島田市立島田第二中学校 卒業

    1999年3月 私立静岡北高等学校 卒業

    2004念3月 近畿大学理工学部数学物理学科数学コース 卒業

    2006年3月 近畿大学大学院博士前期課程 修了

    2009年3月 近畿大学大学院博士後期課程 修了

button_e_01.gif(550 byte) 職歴 button_e_01.gif(550 byte)

    2009年4月〜2013年3月 大阪工業大学非常勤講師

    2009年4月〜2010年3月 近畿大学研究員

    2010年4月〜2013年3月 国立奈良工業高等専門学校非常勤講師

    2010年6月〜2011年3月 近畿大学研究員

    2011年4月〜2013年3月 摂南大学非常勤講師

    2011年7月〜2012年6月 近畿大学研究員

    2013年4月〜2015年3月 立命館大学理工学部数学嘱託講師

    2015年4月〜現在 福岡工業大学情報工学部情報システム工学科助教



button_1.gif(1619 byte)  button_2.gif(1623 byte)  button_3.gif(1619 byte)  button_4.gif(1609 byte)   


button_e_01.gif(550 byte) 投稿中及び投稿準備中の論文 button_e_01.gif(550 byte)

    (投稿準備中の論文)

  1. なし.


    (投稿中の論文)

  1. Weights of the mod p kernel of the theta operators, (with Siegfried Boecherer, Sho Takemori),

    submitted, (2016-6), arXiv:1606.06390v1 [math.NT].


  2. On the theta operator for Hermitian modular forms of degree 2, (with Shoyu Nagaoka),

    submitted, (2016-8),

    This paper is the second version of the following manuscript;

    Note on mod p property of Hermitian modular forms, (with Shoyu Nagaoka),

    (2016-1), arXiv:1601.03506v1 [math.NT].


  3. Sturm bounds for Siegel modular forms of degree 2 and odd weights, (with Sho Takemori),

    submitted, (2015-8), arXiv:1508.01610v1 [math.NT].


button_e_01.gif(550 byte) 査読付論文 button_e_01.gif(550 byte)

  1. On mod p singular modular forms, (with Siegfried Boecherer),

    Forum Mathematicum, in press (2016-4), published online (2016-5).


  2. Note on Igusa's cusp form of weight 35, (with Hirotaka Kodama, Shoyu Nagaoka),

    Rocky Mountain Journal of Mathematics, Volume 45, Number 3(2015-8), pp.963-972.


  3. Remark on Sturm bounds for Siegel modular forms of degree 2,

    Proceedings of the Japan Academy, Ser. A, Mathematical Sciences, Volume 91, Number 6(2015-6), pp.82-84.


  4. Ramanujan type congruences for the Klingen-Eisenstein series, (with Sho Takemori),

    Abhandlungen aus dem Mathematischen Seminar der Universitaet Hamburg, 84. 2(2014-10), pp.257-266.


  5. On p-adic quaternionic Eisenstein series, (with Shoyu Nagaoka),

    Abhandlungen aus dem Mathematischen Seminar der Universitaet Hamburg, 83. 2(2013-10), pp.147-157.


  6. Ramanujan type congruences for modular forms of several variables, (with Shoyu Nagaoka),

    The Ramanujan Journal, (Springer), 32. 1(2013-10), pp.143-157.


  7. Sturm type theorem for Siegel modular forms of genus 2 modulo p, (with Dohoon Choi, YoungJu Choie),

    Acta Arithmetica, 158. 2(2013-3(?)), pp.129-139.


  8. On p-adic Hermitian Eisenstein series and p-adic Siegel cusp forms, (with Yoshinori Mizuno),

    Journal of Number Theory, 132. 1(2012-9), pp.1949-1961.


  9. On p-adic Siegel modular forms of non-real Nebentypus,

    Acta Arithmetica, 152. 2(2012-3(?)), pp.175-183.


  10. Congruences for Hermitian modular forms of degree 2,

    Journal of Number Theory, 131. 8(2011-8), pp.1461-1469.


  11. On Hermitian modular forms mod p, (with Shoyu Nagaoka),

    Journal of the Mathematical Society of Japan, 63. 1(2011-1), pp.211-238.


  12.  
  13. Congruence properties of Hermitian modular forms, (with Shoyu Nagaoka),

    Proceedings of the American Mathematical Society, 137. (2009-4), pp.1179-1184.


  14.   
  15. On a correspondence between a p-adic Siegel Eisenstein series and genus theta series, (with Shoyu Nagaoka),

    Acta Arithmetica, 134. 2(2008-3(?)), pp.111-126.


  

button_e_01.gif(550 byte) 報告集等 button_e_01.gif(550 byte)

  1. 多変数モジュラー形式のp進的性質について

    第6回福岡数論研究集会報告集, 九州大学 (2011-8), pp.13-23.


  2. Some p-adic properties of Siegel-Eisenstein series, (with Shoyu Nagaoka),

    数理解析研究所講究録,「保型表現・保型形式とL関数の周辺」, 通号1617 (2008-10), pp.219-228.


  3. ある3次体のHilbert modular 形式について, (長岡昇勇氏との共著),

    J. School Sci. Eng. Kinki Univ. 42,(2006-9), pp.1-6.(近畿大学 理工学部研究報告 第42号)


button_e_01.gif(550 byte) 口頭発表 button_e_01.gif(550 byte)

  1. 「Siegelモジュラー形式の場合におけるRamanujan型の合同」

    Interdisplinary Seminar 近畿大学(産業理工学部) 2014年10月10日


  2. 「Klingen-Eisenstein級数に対するRamanujan型の合同について」

     数理情報科学セミナー 広島大学 2014年3月25日


  3. 「Siegelモジュラー形式の合同について」

     東京理科大学理工学部談話会 東京理科大学 2013年11月29日 


  4. 「多変数モジュラー形式の合同について」

     立命館大学数理科学科談話会 立命館大学 2013年11月8日


  5. 「Siegelモジュラー形式の合同、mod p singularについて」

     大阪大学整数論&保型形式セミナー 大阪大学 2013年10月18日


  6. 「mod pシンギュラーモジュラー形式について」

     関西多重ゼータ研究会 大阪体育大学 2013年8月30日 


  7. 「A congruence property of Igusa's cuspform of weight 35」(兒玉浩尚氏, 長岡昇勇氏との共同報告)

     日本数学会 年会 代数学分科会 京都大学 2013年3月22日


  8. 「レベルpのSiegelモジュラー形式のp進的性質について」

     Siegelモジュラー形式のp進理論 佐賀大学 2013年2月16日


  9. 「Ramanujan型の合同式の多変数化について」

     組合せ数学セミナー 九州大学 2012年9月22日


  10. 「多変数モジュラー形式の場合におけるRamanujan型の合同について」(長岡昇勇氏との共同報告)

     日本数学会 秋季総合分科会 代数学分科会 九州大学 2012年9月 (アブストラクト)


  11. 「Serreのp進モジュラー形式の多変数化について」

     保型形式ミニ研究集会 近畿大学 2012年3月3日


  12. 「Neben型のp進Siegelモジュラー形式について」

     数論合同セミナー 近畿大学 2012年2月28日


  13. 「多変数modular形式のSturm型の定理について」(Dohoon Choi氏, YoungJu Choie氏との共同報告)

    日本数学会 秋季総合分科会 代数学分科会 信州大学 2011年10月1日 (アブストラクト)


  14. 「多変数モジュラー形式のp進的性質について」

    第6回福岡数論研究集会 九州大学 2011年8月23日


  15. 「Swinnerton-Dyerの定理とその多変数化について」

    高知大学整数論セミナー 高知大学 2009年11月21日


  16. 「mod p Hermitian modular formsのなす標数pの体上のalgebraについて」

    高知大学整数論セミナー 高知大学 2009年11月21日


  17. 「mod p Hermitian modular formsのなすalgebraの構造について」

    近畿大学数論合同セミナー 近畿大学 2009年10月23日


  18. 「On Hermitian modular forms mod p」(長岡昇勇氏との共同報告)

    日本数学会 秋季総合分科会 代数学分科会 大阪大学 2009年9月


  19.   
  20. 「Modular形式のある合同関係について」(長岡昇勇氏との共同報告)

    日本数学会 秋季総合分科会 代数学分科会 東京工業大学 2008年9月


  21.  
  22. 「Serreのp進Eisenstein級数のある性質について」(長岡昇勇氏との共同報告)

    日本数学会 年会 代数学分科会 近畿大学 2008年3月


  23. 「Siegel Eisenstein級数のp進極限について」

    大阪大学整数論&保型形式セミナー 大阪大学 2008年2月1日


  24.  
  25. 「Some p-adic properties of Siegel-Eisenstein series」(長岡昇勇氏との共同報告)

    京都大学数理解析研究所研究集会 「保型表現・保型形式とL関数の周辺」 京都大学 2008年1月28日


  26. 「ある3次体のHilbert modular 形式について」(長岡昇勇氏との共同報告)

    日本数学会 秋季総合分科会 代数学分科会 大阪市立大学 2006年9月


 

button_e_01.gif(550 byte) 研究費 button_e_01.gif(550 byte)

  1. 科学研究費助成事業 (学術研究助成基金助成金)・若手研究(B)

    2014年度〜2017年度 (予定)



button_e_01.gif(550 byte) 主催した研究集会 button_e_01.gif(550 byte)

  1. 保型形式ミニ研究集会 近畿大学 2012年3月3日  


  2.  

button_e_01.gif(550 byte) その他 button_e_01.gif(550 byte)

  1. 近畿大学理工学部理学科数学コース主催 第14回数学コンテスト

    特別賞「源蔵賞」((有)ブックマン)受賞 2011年11月3日